皆殺しのタンヴァリン

シナリオライターのカルロス修之介です。

『WANTED』と卑怯者の夢

昔、書いたかも知れない話もあるので知ってる人はすいません。

カテゴリは”映画”にしてますけどどっちかっていうと”日記”かな?


昔みた夢の話なんですけど、
夢って本性がでるんだなと思った話です。



突然、宇宙人が地球を攻めてくるんですよ。

んで皆逃げます。
大変です。

その時に俺がとった行動。
もちろん!!


 宇宙人に命乞いして一緒に地球人を攻撃しました。


・・・俺、最低。
本当に最低。

せめて夢の中ぐらい良い人ぶろうよ修之介君。


んでもってそのまま話が進むんですが
あるとき救世主が現れるんですよ。
ウルトラマンみたいな人達。

あっという間に宇宙人撃退ですよ!!
すばらしい!!!

そして残された俺。

散々、同じ人間を裏切って酷い事をしましたよ。
そうです、こんな俺がとるべき行動は決まってますよね!!

もうここは潔く


 命乞いしてました。


またか。
また命乞いか。

・・・俺、最低。
本当に最低。


 許してください!!
 宇宙人に脅されて仕方がなかったんです・・・!!!



あまつさえ宇宙人の所為にしてますよ。

どこまでも卑怯。
絶え間なく矮小。


そんな俺にウルトラマンは言います。


 許す。


許しちゃダメー!!
こんなヤツ許しちゃダメだって!!!!!



目がさめました。

なんという都合の良い展開。
俺の望む人生ってこんな感じなのか?


朝からウルトラガッカリです。

こんなにガッカリしたのは
俺”生誕祭23th”の時に、晩飯のオカズが”めざし”と”味噌汁”だったので
親に”ケーキ”くださいって言ったら”何で?”と怒られた時以来ですよ。


良くない。
どっちつかずは良くない!!
信じた事を貫かないでどうすると!!


とりあえずこれからは善人ぶらないで
喫茶店のミルクポーションを2つじゃなく3つ
使っちゃおうと思いますよ。

それもメロンソーダにな!!!



そんな俺が、目の覚めるような感銘を受けた映画『WANTED』!!
アホ映画でツッコミどころ満載だけどたまらなかった!!

皆も、弾は曲げても信念は貫こうぜ!!!
スポンサーサイト
映画 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT