皆殺しのタンヴァリン

シナリオライターのカルロス修之介です。

LOAD to ”PEPSI AZUKI”

前回の日記に至るまでの話です。


アツシ君と上野でラーメンを食べてました。

その時、シゲさんから
”修さんの家で映画がみたい”と言う連絡。
とりあえず上野に呼び出しました。

で、三人で上野から秋葉原まで歩いて移動。
20分~30分くらいの距離でしょうか?

その間に口が寂しいのもあり。
アイスを所望しました。


 『イイデスヨー。』


許可を頂きコンビニへ。

毎日一個はアイス食ってる気がする。
皆もそうですよね?

今日はアズキバー。

 『でも、修さんお腹大丈夫ですか?』

俺はお腹が弱いのです。
ラーメン食った後にアイスなんてもちろんアウトだ。


 だめかもー。


そう言いながらアイスを食う。


 ヤッパリダメでした。


見事に腹痛。

あと10分で駅というところで
アツシ君とシゲさんに手をあげて進言します。


 申し訳ないお知らせがあります。
 お腹が痛いです。


アツシ君はこの流れになれているのか文句も言わず対応。
いつもありがとう。
すいません。

ドンキホーテ(駅まで5分)まで我慢しようとしたが
ムリそうだったのでコンビニ(駅まで10分)のトイレを借りる。

だが、コンビニで借りたのがいけなかった。


 トイレだけ借りるのは申し訳ない。
 何か買っていこう。


そう思った俺は買物をしました。

ここでアイスを買うと思ったでしょ?
流石に俺も学習してますよ。

アップルパイにしました。

 『なんでそんなの買うんですか?』

 いや・・・。
 まだこのアップルパイ食べた事が無かったから。

 『そうですか。』

アツシ君はこの展開になれたものらしい。
それ以上のお咎めは無かった。

そして再び移動。
歩きながらアップルパイを食べはじめます。

 『なんで食べてるんですか!?』

 いや・・・なんか・・・つい。

アツシ君はこの展開になれたものらしい。
それ以上のお咎めは無かった。

そしてもうすぐ駅というところまで来ました。
アツシ君とシゲさんに手をあげて進言します。


 申し訳ないお知らせがあります。
 お腹が痛いです。


アツシ君はこの流れになれているのか文句も言いません。


 『駅でいいですか?』


 駅のトイレはあまし綺麗じゃないので。


ワガママ砲台だな、俺。

UDX(駅から5分?)まで戻ってもらう。
したら到着前にお腹が落ち着きました。

アツシ君とシゲさんに手をあげて進言します。


 申し訳ないお知らせがあります。
 大丈夫になりました。

 『いいから行ってきてください。』


とりあえずトイレへ。

そんなこんなで落ち着いたので駅へ戻ります。
アツシ君と別れシゲさんと二人で総武線にのりました。

そして二駅すぎたあたりの事です。


 申し訳ないお知らせがあります。
 お腹が痛いです。


座ったのが良くなかった。
振動で腹痛がぶり返します。

シゲさんも一緒に降りようとしてくれたのですが
流石に申し訳ないので先にいってもらう。

 『じゃあ先にいってメシ食ってます。』

俺はいったん降りてトイレへ。
数分遅れて電車を乗りなおしました。
今度はそのまま順調にいき
中野をすぎたあたりでシゲさんからメールがきました。

 『メシ食ったんで駅周辺をブラブラしてます。』

色々あったがもうすぐつきます。
その旨をメールしようとした時でした。

電車内にアナウンスが響きます。

 『接触事故がありました。
  この後、電車が大幅にストップする可能性が~』


  ・・・。


メールをうちます。


 申し訳ないお知らせがあります。
 電車止まります。


が、幸いほとんど止まらずに到着。
良かった。

そしてコンビニで”ペプシアズキ”を購入した訳です。

いまひとつな味に首をひねります。
そんな俺にシゲさんがいいました。

 『修さんはアズキバーとペプシにすれば良かったですね』


 ・・・あああ!
 俺すでにアズキ食べてた!!

という感じでコメントの返事につながります。



あらためてみると俺の行動は小学生みたいだな。

ははは。


いつもすいません。



で、映画はどうなったのか?

観ながら寝てましたよ!

ははは。


本当にすいません。

スポンサーサイト
日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |NEXT