皆殺しのタンヴァリン

シナリオライターのカルロス修之介です。

最近観た映画の感想をボチボチと

『ザ・ウォーカー』がお気に入り。

『マンオンワイヤー』
『サーチャーズ ver2.0』
『40歳の童貞男』
『アイアンマン2』
『フランケンシュタインの逆襲』
『ザ・ウォーカー』


『マンオンワイヤー』

 ネタバレ?方向で。

 スゲー、ドキドキした!
 センタービルで綱渡りをした人のドキュメント。
 信じられない光景を本気でやっちゃった人達の話。

 オペラハウスをバックに人が歩いてるなんて!
 貿易センタービルの間で寝転ぶ男がいるなんて!
 本当にドキドキして観れた。

 なのにどうして。

 今の彼らをを写すドキュメント
 何かが変わってしまっていた。
 すれ違ってしまっていた。

 それなのに彼は気がつかない。
 誰がその綱を張ってくれていたのか忘れてしまっている。
 綱が無ければ綱渡りは出来ないのに。 

 綱渡りをした『理由なんて無い』と”説明をする”彼。

 個々に写るインタビュー。
 本当に別々に撮ってたんだろうなと思ったら
 悲しくて泣いてしまった。


『サーチャーズ 2.0』

 SONICさん、絶賛のラストバトルが見たくて。

 ロードムービ好きだし、
 この人達は友達いないんじゃないのかって会話も好き。
 でもネタが全然わからん(涙)

 ラストの決闘と展開がアホかと(笑)

 いや、西部劇好きだし、カッコイイと思うけど
 今度、父の様に詳しく語ってください(笑)


『40歳の童貞男』

 なんか泣いた。

 ”色んな意味で泣いた”とかじゃなく(笑)

 『僕には何も無い』と言う主人公と
 それに対するヒロインとの関係が良かった。

 シモネタが、ただ下品すぎて嫌だなーってとこも多いんだけど
 全体的には良かった。

 ”アイアンマン”フィギュア持ってキレるとこが好き。


『アイアンマン2』

 やっぱり社長は最高だな!

 色々細かい事を言う事も出来るかもしれないけど

  トニー、抱いてー。
  イイヨー。でも忙しいからちょっと待ってー。

 で、全部OKだと思います。
 いや、だいぶ適当に言ってます(笑)
 どっちかと言えば男にモテモテだった気がするし。

 とにかく社長の魅力を味わう映画だと思います!
 だって可愛いし、かっこいいんだもん。

 ”HOTTOYS”の”アイアンマン”が欲しい。



『フランケンシュタインの逆襲』

 SONICさんに”ピーター・カッシング”が
 素晴らしいと教わり観ました。

 確かにカッコイイ。
 本当にカッコイイんっすよ!
 憂いがある。
 昔の映画や俳優さんは独特の空気がある。

 怪物が”クリストファー・リー”だったのに気がつかなかった。
 いや、気がつきようが無いとも思います(笑)



『ザ・ウォーカー』

 ネタバレしたくないので”なんとなく感想”を

 画面もカッコイイし。
 根本の話は本当に良かった!

 なのに、演出が問題なのかシナリオが問題なのか
 巧く噛みあっていない気がします。

 日本人の大半は馴染みの無い、
 色んな意味で誤解を招きやすい題材なのではと。

 かく言う俺自身理解できているのかはわかりません。
 だけど、そんな俺でもイーライの語りに泣いてしまった。

 カレが運ぶべきモノは何であったのか?
 あの本にこだわり続けた彼が
 30年間かかってやっと辿り着いた処は?
 (距離的に言えば30年かかるとは思えないので・・・)

 本当に大切なモノはなんなのか?
 原題の真意は?
 ソレを思うと涙がこぼれた。

 敵であるカーネギーも求めたモノは一緒なのかもしれない。
 世に言う、正義に相対するのは別の正義なのかもしれない。

 でもカレは表面的なモノを求めてしまった。
 まさに歪んだ思想に取り付かれていた。

 彼の姿もまた、本当に大事なモノは何かを語っているのでは。

 話も、役者も、映像も、音楽も、凄くいいと思う。

 だけどそれらが巧く作用しきっていない。
 せっかくの話がもったない!

 ああ、もっと突っ込んで語りたい作品す!
スポンサーサイト

映画 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<最後の誘惑 | HOME | BLACK MAGIC>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |