皆殺しのタンヴァリン

シナリオライターのカルロス修之介です。

SO YOUNG!

イエモンでも可


正月早々、だいぶおっさんながら
”THE SPACE COWBOYS”の『SO YOUNG!』を熱唱(自宅で)

 悲しみの意味なんて解りたくもない SO YOUNG!
 上の住人が静かなのが逆に怖いよ SO YOUNG!
 年をまたいでエロゲのシナリオに追われてるの SO YOUNG!
 すき屋に行ったら客が俺一人で店員の方が多いぜ SO YOUNG!


今年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<アイスと女と男とバニラ | HOME | 世界はそれでも美しい>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |